知って得をする|リロケーションで留守宅管理|不動産に関するお得な情報
模型

リロケーションで留守宅管理|不動産に関するお得な情報

知って得をする

住宅

賃料の約50%という補助を受けられる

特優賃とは、特定優良賃貸住宅のことです。具体的には、オーナーが国や自治体の補助を受けつつ建てた賃貸住宅です。補助金は、オーナーの負担を減らすために出されます。さらに補助金は、借り手の負担を減らすためにも出されます。つまり特優賃では、オーナーだけでなく借り手も補助を受けることができるのです。具体的には、賃料の一部を国や自治体に負担してもらうことになります。借り手がどのくらいの補助を得られるかというと、本来の賃料の約50%程度です。本来なら月々の賃料が20万円ほどかかる住宅でも、特優賃なら10万円ほどで借りることができるのです。ただし補助を受けることができる年数は20年までと決まっていますし、その間は賃料が毎年約2%ずつ高くなっていきます。

更新料などの支払いは必要ありません

特優賃は、国や自治体が定めた基準に沿って作られています。その基準は一般的な賃貸住宅よりもやや高いので、特優賃はその分快適に暮らせる住宅と言えます。具体的には、一定以上の広さがあったり、バリアフリー設計になっていたりするのです。また、借り手の負担を減らすというコンセプトがあるため、一般的な賃貸住宅のような敷金や礼金や更新料がありません。また、不動産会社の仲介により賃貸借契約をおこなった場合でも、手数料の支払いは必要ありません。不動産会社は、借り手ではなく国や自治体から手数料を受け取ることになるのです。このように特優賃には、多くのメリットがあります。そのため人気が高く、入居審査に申し込む人は多くいます。