両方にあるメリット|リロケーションで留守宅管理|不動産に関するお得な情報
模型

リロケーションで留守宅管理|不動産に関するお得な情報

両方にあるメリット

一軒家

特優賃の内容と利用方法について

特優賃とは特定優良住宅の略称で、公的賃貸住宅制度になっていますから、安心して利用できます。では、特優賃にはどのようなメリットがあるのでしょうか。土地所有者にとっては、次のようなメリットがあります。1.住宅金融公庫と国や地方自治体の補助金で賃貸住宅を建設できます。2.賃貸住宅を公社などが一括借り上げし、家賃保証するので空室問題を解消できます。3.入居者の募集は公社などが行いますので、オーナーは募集の手間が省けます。特優賃を利用して借りる人のメリットは、質の良い住宅を相場より安い家賃で借りられることです。なぜ安く借りられるのかというと、入居する人は、国と自治体から家賃補助が受けられるからです。この様に、特優賃は貸し手借り手双方にメリットがあります。

利用希望者の条件について

特優賃を利用して住まいを借りる場合は、次の条件を満たさなければなりません。日本国籍の人または外国人登録をしている人で、入居者数は2人以上で夫婦または親子であること、基準以上の収入があることなどです。なお、都道府県によっては、同一県内であることを条件とするところもあります。特優賃の家賃は年収に応じて異なるわけですが、年収と家賃負担の基準は5つあります。1.400万円以上500万円未満は5万円。2.500万円以上600万円未満は7万円。3.600万円以上700万円未満は9万円。4.700万円以上800万円未満は11万円。5.800万円以上は13万円。以上の5段ですが、これ以外のメリットもあります。通常賃貸契約をすると礼金、敷金、仲介手数料などが掛かります。また、契約を更新するときは更新料と仲介手数料が必要になります。これらの費用が公社の場合は掛かりませんので、借りる側の負担は大幅に軽減されます。